スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
All Sides Now / Pat Martino
All Sides NowAll Sides Now
(1997/07/21)
Pat Martino

商品詳細を見る


近頃は 癒し効果の大きい音が分析されて
1/f「ゆらぎ」 とかなんとか あるみたいだねー。

そんな小難しいこと知らんでも、
#6 Cassandra Wilson のボーカルに、言葉を失くすこと必至。
(心地好すぎ…ヽ(;´ω`)ノ
女性の中ではかなり低い音域。
他には佐藤竹善とか、中性的な声に惹かれるなぁ
て、私もかなり低い方だった。目指すのは Cassandra かも!?)

Pat Martino の匙加減抜群に絶妙のguitar や
超豪華ゲストguitar陣の会心の演奏も ちゃーんと堪能できます◎


#1 Too High - (with Charlie Hunter)
#2 Two Of A Kind - (with Tuck Andress)
#3 Progresion - (with Kevin Eubanks)
#4 I'm Confessin' That I Love You - (with Les Paul)
#5 Ellipsis - (with Joe Satriani)
#6 Both Sides Now - (with Cassandra Wilson)
#7 Ayako - (with Mike Stern)
#8 Two Days Old - (with Michael Hedges)
#9 Outrider - (with Mike Stern)
#10 Never And After - (with Joe Satriani)

2012/09/28 20:53 | 音楽 | CM:0 | TB:0
つぶやきタシロー / 島津田四朗
http://www.sokabekeiichi.com/shop/r0086_tashiro.html

あぁ なんという衝撃であろうか ジェラシーであろうか

「無駄に」というと失礼ではあるが 上手すぎるギターチューンに乗せて

韻を踏踏み 独自の感性で育った言霊が 爆発。

忙しい時に聞くと「イーッ」となりそうなファルセットも なんだこれ、赦そうって気になる。

さすが巨匠・曽我部恵一氏のお見立てだけある。

数カ月くらい、食らった熱は冷めない気がする。

My favoriteは #04『大家族』

こんな新生に触発されることをシアワセに思ふ。
2012/09/10 22:17 | 音楽 | CM:2 | TB:0
愛だろっ 愛。
ん ん ん
ん ん ん


3.11以後 何回か観たけど よくぞ ここまで謳ってくれた。

flying dutchman・・・

ガンガン叫んだり、
淡々と ひそかに困って大変な人たち(自分も含むか)
を語ったりしたい。


原発の利潤にすがりついちょる人間。
オツムが腐ってる、じゃなくて、産廃化しとるねん。
(理屈捏ねると 腐敗は、生き物の命を脅かすものでもなく
ちょっくら時間かかるけど微生物がちゃんと分解してくれる
産廃は 安全な状態に達するまで 途方もない時間と危険性を伴うからねー)

「某SNSに 山口県知事選に 飯田哲也氏が出馬するらしい、
うちらもまともな人間にvoteせなね」と 投稿したら

上げ足取ってくる輩がいた。
ワタシに、だけではなく、飯田哲也氏というキーワードに反応して
他の人にも、ガンガン。


そいつもだけれど

藤波心ちゃんの脱原発発言を揶揄してたのも
実名でない人間。
根性なしだねー。 はは。
根性なしに言われちゃ、おしまいだよ~ ^ ^


野田政権、愛がないねェ。生きづらいねぇ。
国の長が 被災地の惨状を 4万人のデモを見て見ぬふり、愛がないって。どういうことよ。

おかげで、ここで一つ 生きてくための目標が出来たわ。
2012/06/30 08:46 | 未分類 | CM:1 | TB:0
アンビエント・ドライヴァー /細野晴臣
アンビエント・ドライヴァー THE AMBIENT DRIVER (マーブルブックス)アンビエント・ドライヴァー THE AMBIENT DRIVER (マーブルブックス)
(2006/09/28)
細野 晴臣


音楽活動の傍ら、
ネイティブ・アメリカンの教え(おもに)に触れ、感銘を受けた著者の経験などが綴られる。

それらが信仰を求める人間の本来の姿なのかな、と思った。

著書の中で興味深かったのは、
ある医師の、統合失語症の患者に対する
「まずは背を向けて 背中を合わせて」という接し方だ。
警戒心の強い人も そうすることにより
対面して向かい合うよりも 相手に安心感を抱くことができるというらしい。

背中で何かを感じるといういこと、確かに霊的な要素があるもんね。

夜中にひとりで静かな空間にいたら まずぞくっとするのは「背中」だったり。

一つ思い出したことが。
中学時代、人間不信に陥りかけてた私を慮ってのことか
学年主任の先生が 緊急学年集会を開き
そこで何をしたかというと
男女各一列で隣り合ったペアの 背中を合わせさせたのだ。
「人間て本来 あったかいもんだろ」
とおっさっていたが どうも意図はそれだけじゃなかった気がする。


見えないものに 畏敬の念を抱くことは、
科学万能主義に走り過ぎた 私たち現代人の原点回帰に
必要なことなのだと感じたのであった。
2012/05/29 08:07 | 雑記 | CM:2 | TB:0
Acoustic Paradise / 中川イサト
1310acopara.jpg

(ひさびさのこうしーん。最近自分で買ってないCDばかり紹介してるよな 笑)

巨匠 中川イサト氏の 円熟味たっぷりサウンドが満喫できます◎
彼の丸山ももたろう氏も 4曲参加されてます。

こんなシンプル、コンパクトに 心の琴線に触れる音楽も
そうそうなかろうと思いますニ。

いつも「時間がない」が口グセのそこのアナタ、
4曲目”The Water is Wide” だけでも聴いて
「心を失わない」よに どうぞ気を付けとくんなまし。。。

(と、自分に言い聞かせているようでもある)

1. Chotto Tropical (with丸山ももたろう)
2. The Weight (solo)
3. Orange'06 (with丸山ももたろう)
4. The Water is Wide (with丸山ももたろう)
5. Little Kota (solo)
6. Georgia on My Mind (with丸山ももたろう)
7. Left Alone (solo)
2012/03/25 13:47 | 音楽 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 tuna All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。